睡眠状態

頭を抑えて目をつぶる主婦

ここ最近では、不眠症に悩まされる方が多くいます。この不眠症とは、その名のとおり、夜に良く眠れない症状のことを指します。この不眠症になる要因として、実は喫煙が深く関わっている事が明らかになっています。ある研究によると、喫煙者は浅い眠りの人が多く、質のよい眠りが得られない結果が出ています。 タバコがなぜ睡眠に悪いかというと、ニコチンが睡眠を浅くする作用があるからです。ニコチンは体内のアドレナリンの分泌を促して、脳を覚醒させていきます。しかも、ニコチンが体内で消費されるのは約2時間もかかります。そのため、非常に眠りにくくなります。 また、タバコを吸うと気道を狭めてしまう可能性もあります。なので、無呼吸によっても睡眠が浅くなります。ですから、熟睡するためには、少なくとも寝る1時間前はタバコを吸わないことが大事です。

日本では、ここ最近、不眠症に悩んでいる人が増加しています。不眠症をもたらす原因には、色々とあることがわかっています。その1つが、仕事や人間関係におけるストレスです。人間は悩みがあると、ベッドに入ってからもついつい深刻に考えてしまいます。あまりにも真剣に考えると、交感神経を刺激して眠れなくなります。 その他の眠れない要因は、飲酒によるものです。ほとんどの方は、お酒を飲むとすぐ寝れると勘違いしています。しかし、お酒のアルコールが体内で分解されると、交感神経が優位になります。そのため、全体的に睡眠が浅くなります。さらに、アルコール分解時に、のどが渇いたり、トイレに起きたりしてしまいます。それで、眠りが浅くなります。なので、熟睡したいならば、なるべく酒は控えたほうが良いです。